テーマ:健康

心配する魂はすでに調和を欠いている

一 医者は大病にも、ストレスや仕事上の心配が原因のものがあると言っています。 そうしたケースでは、身体と精神と魂の不調和はどの程度まで関わっているのでしょうか? 「あなたが言ったことは、私が別の言葉で言っているのと同じことです。 あなたは仕事上の心配と呼んでいますが、それは私の言う不調和状態のことです。 精神と肉体と魂が正しい連係…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

知識を土台とした信仰を持たねばならない

一 霊的な治療を受ける上で、信仰のあるなしは関係ないと理解していますが、患者が邪悪な思念を抱いていると、それが治療を妨げると考えてよいでしょうか? 「私は信仰を持つこと自体は反対していません。 それが理性を土台としていて、盲目的でなければ結構です。 霊的知識を正しく理解した人なら、手にした真理は全体のほんの一欠片に過ぎないことも理…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

病気の大半は精神と魂から生じています

病気・不快・異状の原因は、調和の欠如にあります。 健康とは全体の調和が取れている状態のことです。 身体と精神と魂の間に、正しいリズムとバランスが取れていることです。 三者の連係がうまく行っていない時、どこかに焦点の狂いが生じている時、自然の生命力の流れが阻害されている時に病的症状が出るのです。 霊力が流れず、本来の機能を果たして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地上は無知だらけです

至って簡単で、しかも肝心なことをぜひ理解して下さい。 人間という存在は、身体と精神と魂の三位一体として創造されているのです。 その三つは離せません。 置きかえはきかないのです。 あなたはそれらが一体となって、一つの個性を作っている存在です。 健康とは、その三つの要素の間の協調関係であり、規則的リズムであり、一体関係です。 健…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生命ある限りは希望がある

苦しみには、それ相当の目的があります。 苦しみは、なくてはならない大切なものなのです。 なぜなら、それを通じて魂の目が開かされ、隠れた力が呼び覚まされ、その結果として霊的に、時には身体的に、一層強力になっていきます。 そうなるものなのです。 多くの人にとって苦しみは、全人生を全く別の視点から見つめさせる大きな触媒となっています。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

倒れたら休息するほかはありません

「無理をしていることを知りつつも無理を重ねて、結局、中途で倒れる人がいるものです。 倒れたら休息するほかはありません。 私たち霊はあなた方人間に自助の心構えを説き、魂と精神に関わる法則だけでなく、その肉体を支配している生理的法則にも絶対的に従わねばならないことを教えています。 それを忠実に守り、魂と精神と肉体が調和状態にある限り、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不治の病は存在しません

神は完全なる公正です。 神の叡智は完全です。 なぜなら完全なる法則として作用しているからです。 あなた方人間の理解力が一定の尺度に限られている以上、宇宙の全知識を極めることは不可能です。 どうか “不治の病” という観念はお持ちにならないで下さい。 そういうものは存在しません。 治らないのは往々にして、その人の魂がまだ治療に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遺伝的疾患も不公平ではありません

「人間には物的身体と霊的身体とがあり、両者は生命のヒモ、言うなれば命綱で結ばれております。 病気、異状、あるいは年齢といったものが物的身体に忍び寄るにつれて、両者の相互関係が次第に緊密度を失ってまいります。 そうした中で、物的世界からの離脱の準備が進行しているわけです。 病気には物的、精神的、霊的の三つの原因があります。 骨折も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神の法則を知らない人が多すぎる

一 私たちの全てが治病能力を備えているのに、なぜ治療家の存在が必要なのでしょうか? 「神の法則を知らない人が多すぎるからです。 みんな、そんな法則なんかあるわけがないと思い込み、健康を回復する法則を実践できる段階まで意識を高めることが出来ないと決めてかかっているからです。 神の法則に従って生きれば、病気も異状も生じません。 肉体…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大切なのは身体と精神と魂の調和です

私は物質面での進歩について、あれこれ申し上げる立場にありませんが、物的進歩にもそれなりの役割があります。 身体にとって必須のものを無視することは、私たち霊の教えに反します。 身体にとって必須のものをきちんと得ていないと、魂も正しく機能を発揮することが出来ません。 大切なのは身体と精神と魂の調和です。 この三者が一体となって機能し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

完全な調和状態

一 心の静寂が得られると、肉体器官にどういう影響が現れるのでしょうか? 「それ本来のあるべき姿、つまり王たる霊魂の支配下に置かれます。 すると全身に行き渡っている精神が、その入り組んだ身体機能をコントロールします。 それはその根源において生命を創造し、身体を形づくった霊魂の指令に従って行われます。 霊魂は、その時のあなたの身体の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

苦しみによって魂が豊かになる

一 何の罪もないのに、無邪気な赤ん坊が遺伝性疾患や性病その他の病を背負って、この世に生まれてきます。 これは公平とは思えません。 子供には何の罪もないのですから。 この問題をどうお考えでしょうか? 「不公平を口にされるのは、問題を肉体の問題としてだけ、つまり物質界のみの問題としてお考えになり、無限の生命の観点からお考えにならないからで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あらゆるガンが治せる治療法はありません

一 霊界の医師には、ガンの治療法が分かっているのでしょうか? 「あらゆる種類のガンが治せるという意味での特殊な治療法はありません。 全てが同じ原因から発生しているのではないからです。 身体的なものに由来するものもあれば、精神的なものもあり、また霊的なものもあります。 その全てを同じ方法で治すことは出来ません。 私たち霊界の者が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

身体ほど休息の少ない機械は他にありません

奉仕の仕事に嫌気が差してはなりません。 奉仕は霊の通貨のようなものです。 神が発行される万人共通の通貨です。 あなた方の仕事にとって必要な力は用意されています。 しかし一度に大きな仕事を成就しようとしてはいけません。 今日は今日できることだけをして、明日やるべきことは、今日は忘れることです。 力に限界が来たら、無理して出そう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

病気が生じる二つの理由

霊能者と言えども、自然の法則から逃れることは出来ません。 法則は全ての存在を包み、そこには例外も逸脱もありません。 病気が生じる二つの理由があります。 一つは、魂と精神と身体の調和によって健康が維持されている、その調和が崩れていることです。 もう一つの可能性は、いわゆるカルマです。 地上でしか償えない前世での出来事があって、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寿命というものは忘れることです

一 もしも完全な生活条件が整ったら、百五十歳までは生きられるのではないかと思うのですが……。 「肉体的年齢と霊的成熟度とを混同してはいけません。 大切なのは年齢の数ではなく、肉体を通して一時的に顕現している魂の成長・発展・開発の程度です。 肉体が地上で永らえる年数を長びかせることは、神の計画の中にはありません。 リンゴが熟すると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心配する魂は調和を欠いている

一 医者は大病にも、ストレスや仕事上の心配が原因であるものがあると言っております。 そうしたケースでは、身体と精神と魂の不調和は、どの程度まで関わっているのでしょうか? 「あなたがおっしゃったことは、私が別の言葉で言っているのと同じことです。 あなたは仕事上の心配と呼んでおられますが、それは私の言う不調和状態のことです。 精神と肉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

動揺しやすい心は霊的雰囲気をかき乱す

一 霊的な治療を受ける上で、信仰のあるなしは関係ないと理解しておりますが、患者が邪悪な思念を抱いていると、それが治療を妨げると考えてよろしいでしょうか? 「私は信仰を持つこと自体は反対していません。 それが理性を土台としていて、盲目的でなければ結構です。 霊的な思想を正しく理解された方なら、手にされた真理は全体のホンの一欠片に過ぎ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

健康とは調和が取れている状態のこと

病気・不快・異状の原因は、調和の欠如にあります。 健康とは全体の調和が取れている状態のことです。 身体と精神と魂との間に、正しいリズムとバランスが取れていることです。 三者の連係がうまく行っていない時、どこかに焦点の狂いが生じている時、自然の生命力の流れが阻害されている時に、病的症状が出るのです。 霊力が流れず、本来の機能を果た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地上は無知だらけです

至って簡単で、しかも肝心なことをぜひ理解して下さい。 人間という存在は、身体と精神と魂の三位一体として創造されているのです。 その三つは不可分のものです。 置きかえは利かないのです。 あなたは、それらが一体となって一つの個性を作っている存在です。 健康とはその三つの要素の間の協調関係であり、規則的リズムであり、一体関係です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生命ある限りは希望がある

苦しみには、それ相当の目的があります。 苦しみは、なくてはならない大切なものです。 なぜなら苦しみを通じて、魂の目が開かれ、隠れた力が呼び覚まされ、その結果として霊的に身体的に一層強力になってまいります。 そうなるべきものなのです。 多くの人にとって苦しみは、全人生を全く別の視点から見つめさせる、大きな触媒となっています。 い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

休息は是非とも必要です

肉体は魂が自我を表現するための道具です。 存分に発揮したいと思われれば、十分な手入れをしなくてはなりません。 疲労が重なると、本来の機能が発揮できなくなります。 そこで神はその無限の叡智によって、肉体を休息させ、活力を取り戻させるための“睡眠”を用意したのです。 地上の四季の移り変わりをよくご覧なさい。 秋になると大自然は冬の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不治の病は存在しません

神は完全なる公正です。 神の叡智は完全です。 なぜなら完全なる摂理として作用しているからです。 あなた方人間の理解力が一定の尺度に限られている以上、宇宙の全知識を極めることは不可能です。 どうか“不治の病”という観念はお持ちにならないで下さい。 そういうものは存在しません。 治らないのは往々にして、その人の魂がまだ治療による…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全てを同じ方法で治すことは出来ません

一 霊界の医師には、ガンの治療法が分かっているのでしょうか? 「あらゆる種類のガンが治せるという意味での特殊な治療法はありません。 全部が同じ原因から発生しているのではないからです。 身体的なものに由来するものもあれば、精神的なものもあり、また霊的なものもあります。 その全てを同じ方法で治すことは出来ません。 私たち霊界の者が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

身体ほど休息の少ない機械はありません

奉仕の仕事に嫌気が差してはなりません。 奉仕は霊の通貨のようなものです。 神が発行される万人共通の通貨です。 あなた方の仕事にとって必要な力は用意されています。 しかし一度に大きな仕事を成就しようとしてはいけません。 今日は今日できることだけをして、明日やるべきことは今日は忘れることです。 力に限界が来たら無理して出そうとす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悩みや心配はマイナスのエネルギーです

一 医師の述べるところによりますと、最近の病気の主なものは、プレッシャーと仕事上の悩みだそうです。 これにはあなたのおっしゃる、魂と精神と肉体の不調和が、どの程度まで介入しておりますでしょうか? 「あなたが今おっしゃったことは、私が言っていることを別の言葉で表現したまでです。 仕事上の悩みとおっしゃいますが、つまりは不調和のことです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

病気は調和を乱していることの証拠

献身的な霊媒だからということで、健康に関わる自然法則が免除になるわけではありません。 法則は法則として働きます。 病気になるということは、どこかで法則に違反しているということの証拠です。 何か不自然なことをして、それが原因で一連の法則が働いて、その最後の結果が苦痛という形で表れているわけです。 苦痛は、神が罰として与えているので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大地は自然そのものです

一 私の庭園を訪れる人が口を揃えて、治癒エネルギーを感じると言います。 それは土地そのものから出ているのでしょうか? 「もちろんです。 大地は自然そのものです。 神の一表現です。 実質的には、ありとあらゆる霊的可能性が大地に含まれております。 言うまでもないことですが、太陽光線にもヒーリングパワーが含まれていますから、それを適…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

取り越し苦労は陰湿な勢力です

一 医者は大病にもストレスや仕事上の心配が原因であるものがあると言っております。 そうしたケースでは(身体と精神と魂の)不調和は、どの程度まで関わっているのでしょうか? 「あなたがおっしゃったことは、私が別の言葉で言っているのと同じことです。 あなたは仕事上の心配と呼んでおられますが、それは私の言う不調和状態のことです。 精神と肉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

休息は是非とも必要です

肉体は霊が自我を表現するための道具です。 存分に発揮したいと思われれば、十分な手入れをしなくてはなりません。 疲労が重なると、本来の機能が発揮できなくなります。 そこで神は、その無限の叡智によって、肉体を休息させ、活力を取り戻させるための“睡眠”を用意したのです。 地上の四季の移り変わりをよくご覧なさい。 秋になると大自然は冬…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more