愛と憎しみは同じコインの表と裏

地上は、死後に始まる霊界生活にとって不可欠の準備をするところです。

一つ一つの体験が、進化するために支払う代価です。

地上人生は一本調子ではありません。

光があれば影があり、晴れの日があれば嵐の日がなければなりません。

対照になるものがあるから、人生の意味が理解できるのです。

作用と反作用は、正反対であると同時に等しいと言われます。

人を憎むことの出来る人は、そのエネルギーを愛に変えることが出来るのです。

愛と憎しみは同じコインの表と裏です。

どちらを選ぶかは、あなた次第です。

法則の働きは完璧です。

一つ一つの行動に褒賞があるように、天罰もあります。

その法則をごまかすことは出来ません。

地上では自分を偽り、他人をごまかすことが出来ます。

しかし、死がその化けの皮をはがし、魂のあるがままの姿がさらけ出されます。

見せかけは通用しません。

地上でも、霊視能力を持った人には、マスクの内側の本当の顔が見えます。

地上にはマスクをかぶった人が、多すぎます。
画像

この記事へのトラックバック