全真理を手にすることは不可能

一 霊的な治療を受ける上で、信仰のあるなしが関係ないことは理解しています。
が、患者が邪悪な思念を抱いていると、それが治療を妨げますか?

「私たち霊は、信仰を持つこと自体は反対しません。

それが理性を土台にし、盲目的でなければ結構です。

霊的真理を正しく理解した人なら、手にした真理は、全体のほんの一欠片に過ぎないことを知っているはずです。

肉体に閉じ込められているあなた方人間が、全真理を手にすることは不可能です。

霊界に来ても同じです。

ですから、手にした知識を土台にした信仰を持たねばなりません。

そうした知識を土台にした、理性的信仰を持つことは大いに結構です。

そのこと自体は何の問題もないと思います。

それが治療にとって好ましい、楽観的な雰囲気を作るからです。

霊力は明るく楽しい、愉快な心の時に最も有効に働きます。

反対に、みじめで疑い深く、動揺しやすい心は、霊的雰囲気を乱して治療の妨げになります。」
画像

この記事へのトラックバック