寛大さには洞察力が伴う

地上人生の目的は、死のあとに待つ次の世界に備えて、魂を開発することです。

開発するほど洞察力が深まります。

魂が開発され、進歩するにつれて、自動的に他人に対して寛大になり、哀れみを覚えるようになります。

これは悪や残忍さや不正に対して寛大であれという意味ではありません。

相手は自分より知らないのだという認識から生まれる、一種の我慢です。

人間はたいてい、自分のしていることの意味が分からず、全くの無知から行動していることがあります。

そこがあなたの我慢のしどころです。

しかしその我慢は、悪を放任し、黙認することではありません。

それは我慢ではなく、目の前の現実に目をつむることです。

真の意味の寛大さには、洞察力が伴います。

そして、いつでも援助する用意が出来ていなければなりません。
画像

この記事へのトラックバック