終戦記念日は次の戦争のための小休止

真実が表現されているところには、必ず価値あるものが生まれます。

説教も奉仕の心を生むものならよろしい。

ただ聞くだけで終わる説教では無意味です。

聴衆を平和の味方の気分に浸らせるだけのキザな説教ではいけません。

私たち霊が望むのは、実際の行動です。

人のために役立つこと、弱者に勇気を与えること、悲しむ人を慰めること、住む家のない人の支えになること、物質界の汚点である虐待行為の全てを終わらせることです。

お互いがお互いのために生きる以外に平和の道はありません。

全ての人間が助け合いの心に満たされ、人のためになる行動を実践するまでは、平和は訪れません。

これまで続けられてきた終戦記念日も、今日では次の戦争のための小休止でしかありません。
画像

この記事へのトラックバック