テーマ:

戦争は何の解決にもならない

無限なる叡智を持った神は、人間をでくの坊、あやつり人形、ロボットにはしませんでした。 神の所有する崇高な属性の全てを、潜在的に与えられているのです。 ですから、人間界のことは人間みずから選択しなければなりません。 その上で、戦争が何の解決にもならないこと、逆に新たな問題を生み出すこと、貪欲と利己心はその内部に、自らの災いのタネを宿…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一瞬を大切に生きればよい

背負った重荷も、知識から生まれた信念があれば軽く感じられ、重さが消えるものです。 行く手を遮る苦難や困難には堂々と立ち向かい、そして克服すべき挑戦と思うべきです。 きっと克服し、全てがうまく運ぶはずです。 見た目にどんなに大きくても、物的なことで圧倒されてはいけません。 この物質の世界には、その生みの親である霊の力をしのぐものは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心配は有毒です

完全へ向けての向上にピリオドを打つことは出来ません。 無限の時をかけて完全へ近づくことの連続であり、おしまいがないのです。 完全の達成は無限のプロセスです。 完全なのは神のみです。 思いわずらってはいけません。 心配の念は、せっかくの援助の通路をふさいでしまいます。 私たち霊はいつも、取り越し苦労はやめなさいと言っています。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

善行の努力は無駄にはされません

人類は自らの間違った考えによって、今まさに破滅の一歩手前まで来ています。 やらなくてもいい戦争をやります。 霊的真理を知れば、殺し合いなどしないだろうと思うのですが……。 神は地上に十分な恵みを用意しているのに、飢えに苦しむ人が多すぎます。 新鮮な空気も吸えず、太陽の温かい光にも浴さず、人間が住むところとは思えない場所で、生きる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

若者は一筋縄ではいきません

若者は一筋縄ではいきません。 この交霊会に参加している皆さんの誰一人として、若い時に大人を手こずらせなかった人はいません。 大人になるにつれて、若者特有の反抗的性格が薄らいでいきますが、若い時は大人が世の中をめちゃくちゃにしている、自分たちが建て直すのだ、という思いに燃えたはずです。 が、成長して理解力が芽生えると、知らず知らずの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人間にも周波数があります

あなた方人間は受信局と送信局を兼ねた存在です。 純粋に自分の考えを生み出すことは、極めて稀(まれ)です。 地上のラジオやテレビにチャンネルやバイブレーション 一 周波数が適切でしょう 一 があるように、人間にも一人一人の周波数があります。 そして、その周波数にあった思想、アイデア、提案、導き、インスピレーションを受信し、今度はそれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

良心の命令に素直に従えること

世間で言う成功者になるかどうかは、どうでもよいことです。 この世的な成功によって手に入れたものは、そのうちあっさりと価値を失います。 大切なのは、自分の魂の最高のものに対して誠実であること、真実と信じるものに目をつぶることなく、本当の自分に忠実であること、良心の命令に素直に従えることです。 それさえ出来れば、世間がどう見ようと、自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本当の自分はちゃんと分かっている

正常な人間である限り、つまり精神的にも知的にも異常や病的でない限り、自分の思考と行動を監視する、絶対に間違うことのない装置が内蔵されています。 良心です。 考えること、口にすること、行うことを正しく導く不変の基準です。 それがどんな問題、どんな悩みにも、自動的に直感的に躊躇なく、あなたの判断が正しいか間違っているかを告げます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

信念が内部の霊力を湧き出させる

宇宙の法則に不動で絶対的な信念を持つことが出来れば、人生で挫折することはありません。 なぜなら、その信念が内部の霊力を湧き出させ、何事も達成させずにはおかないからです。 その霊力を最も枯渇させ、最もマヒさせるのは、 “心配” です。 絶対的な信念、盲目的な信仰心ではなく知識を土台とした完全な信念は、人生のあらゆる体験に、心配も迷い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

良心の声が正しい道を指示しています

地上でも霊界でも決断を迫られた時、正常な人間なら、良心が進むべき道について正しい指示を与えるというのが、私の考えです。 神によって植えつけられた、スピリットの一部である良心が、瞬間的に前に出て進むべき道を指示します。 問題はその指示が出た後から、それとは別の側面が出しゃばりはじめることです。 それは偏見や欲望です。 良心の命令が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

敵は心配の念だけです

「あなたは何一つ心配することはありません。 愛に守られ、行く手にはいつも導きがあるとの知識を信じて前進しなさい。 来る日も来る日も、この世的な雑用に追いまくられていると、背後霊の働きがどれほど身近であるかを実感することは難しいでしょう。 しかし事実、常にまわりに存在しているのです。 あなたが一人ぽっちでいることは、決してありませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

確信があれば心配しない

一 取り越し苦労性の人は霊的に未熟ということですか? 「その通りです。 真理を悟った人間は取り越し苦労はしません。 なぜなら、人生には神の計画が行き渡っていることを知っているからです。 真面目で正直で無欲で慈悲心に富む人でありながら、人生の意義と目的を悟るほどの霊的資質を身につけていない人がいます。 無用の心配をするということ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すぐに信じてしまう浅はかな信仰心

あなた方人間は完全な存在ではありません。 完全のタネを宿してはいますが、それは人生がもたらす様々な境遇に身を置くことで成長します。 痛みも嵐も困難も苦しみも病気もないようでは、魂は成長しません。 法則が働かないことは絶対にありません。 もし働かないことがあるとしたら、神は神でなくなり、宇宙に調和もリズムも目的もなくなります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最高の声に従って行動すればよいのです

一 戦うことは正しいことですか? 「私たち霊は常に、ある一つのことを教えています。 一番大切なのは、動機だということです。 そうすることが誰かのためになるのなら、どんな分野でも、良心が正しいと命じるままに実行しなさい。 私個人の気持ちとしては、命を奪い合うことはあってほしくありません。 命は神のものだからです。 しかし同時に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

良心の声に耳を傾ければよいのです

一人一人の人間が、自分の動機に従って決断すればよいのです。 全ての言い訳、恐れ、卑怯な考えを捨てて、自分一人になりきり、それまでの霊的進化によって培われた、良心の声に耳を傾ければよいのです。 その声は決して誤ることはありません。 よろめくこともありません。 瞬間的に答えを出します。 人間的煩悩によって、その声がかき消されること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

偉人とは人のためを思う心の大きさです

霊界からどんな手段を講じてもなお悟れないなら、苦痛と涙、流血と悲劇を通じて悟るほかはありません。 私たち霊としてはこうした形で、つまり愛と協調の中で悟ってほしいのです。 ですが、それが叶えられない 一 つまり霊的手段ではダメとなれば、法則に背いた生き方をして、間違いを思い知るしかありません。 地上で偉人とされている人が、必ずしも私…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

確信を持つことです

信じることです。 わけも分からずに信じるのではなく、確かな知識に基づいた信念を持つことです。 確信です。 これは使い古された言葉ですが、それがあなた方の精神の一部になり切るまで、私たち霊は同じことを声の続く限り、何度でも言います。 確信を持つことです。 あなた方人間があなた方なりの役目を果たせば、私たちは私たちなりの役目を果た…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あなた方の心掛け次第です

不安を心に居座らせてはいけません。 取り越し苦労は魂を朽ちさせ、弱らせ、むしばみます。 判断力を鈍らせます。 理性を曇らせます。 事態を明確に見極めることを妨げます。 どんな人間も自分で解決できない問題は与えられません。 克服できない大きな障害は起きません。 内部に宿る神性を発揮するよう努力していれば、ですが……。 地上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自信を持ちなさい

地上と霊界の交信がうまく行くのは、人間の心が平静さと調和と受容に満ちている時です。 残念ながら、そういう人は稀(まれ)です。 そこで私たち霊は、霊的実在に目覚めた人たちから出る霊的エネルギーを頼りにするのです。 なぜなら、そういう人たちは思念や感情や欲で雰囲気を乱すことがないからです。 私たちがいつも皆さんに “自信を持ちなさい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恐怖心を抱いてはいけません

恐怖心を抱いてはいけません。 これは私たち霊が、繰り返し繰り返し言っているメッセージです。 あなた方を助けようとする力は、これから先も決して見捨てません。 無限の力がいつも自分のまわりにあり、愛で導かれ、必要な時はいつでも無限の叡智にあずかることが出来るとの認識をもって、恐れることも不安に思うこともなく、真っすぐに突き進んで下さい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心に恐れを宿してはいけません

心に恐れを宿してはいけません。 完全に拭い去らないといけません。 誕生以来今日まで、ずっとあなたを導いてきた霊が、今になって見捨てるはずがありません。 これまで日夜あなたの人生の支えになってきました。 これからもずっと支えになります。 なぜなら、あなたには果たすべき仕事があるからです。 魂がこの世に携えてきた能力が、その役目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心配の念を捨てなさい

大切なのは、取り越し苦労をしないことです。 心配の念は私たち霊界から援助する者にとって、非常に厄介な障害です。 拒否的性質があります。 腐食性があります。 恐れ、心配、不安、こうしたものはその人を包む物的、精神的、霊的雰囲気を乱し、私たちが近づくのを一段と困難にします。 真理を知った人は、それがわずかでも 一 たとえ多くを知っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

汝ら心を上げよ

ラテン語の “sursum corda (スルスム コルダ)” という言葉を知っていますか。 “汝ら心を上げよ” という意味です。 神の崇高な力、宇宙最高の力、厳かな光と美と威力に満ちたエネルギーについては、すでに十分な証を見せています。 それは絶対に裏切ることはありません。 あなた方は人間としての最善を尽くしていればよいので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人間は受信局と送信局を兼ねたような存在

あなた方人間は、受信局と送信局を兼ねたような存在です。 純粋に自分自身の考えを生み出すことは、極めて稀(まれ)です。 地上のラジオやテレビに、チャンネルとかバイブレーション(振動) 一 フリークエンシー(周波数)が適切でしょう 一 が、あるように、人間にもそれぞれの周波数があって、その波長に合った思想、観念、助言、インスピレーション…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

良心の命令に素直に従えること

世間で言う “成功者” になるかならないかは、どうでもよいことです。 この世的な成功によって手に入れたものは、そのうちあっさりと価値を失ってしまいます。 大切なのは、自分の霊性の最高のものに対して誠実であること、自分でこれこそ真実であると信じるものに目をつぶることなく、本当の自分自身に忠実であること、良心の命令に素直に従えることです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恐怖心を捨てる試金石

一 あなたの教えの中には “恐怖心” を捨てるように説いているものが多いのですが、戦争で爆弾が投下されている時にそれを要求するのは無理です。 そういう状態では怖がって当然ではないでしょうか? 「おっしゃる通り当然でしょう。 が、その状態こそ恐怖心を捨てる試金石でもあります。 私たち霊が皆さんの前に掲げる理想が、非常に到達困難なもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一人一人が過不足のない賞罰を受けます

神の法則は完全です。 一人一人が過不足のない賞罰を受けます。 無限の叡智をもってこの全大宇宙を計画し、不変の法則によって支配している神は、そこに生活している全ての者のために法則を用意しており、誰一人としてその働きから逃れることは出来ません。 懲罰と報復を混同してはいけません。 私たち霊は同じ問題を、あなた方人間とは別の視野で眺め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

敵は無用の心配

私たちが闘わねばならない本当の敵は、無用の心配です。 それがあまりに多くの人間の心に巣くっているのです。 単なる観念上の産物、本当は実在しない心配事で悩んでいる人が多すぎるのです。 そこで私は “取り越し苦労はやめなさい” と、繰り返し申し上げることになるのです。 自分の力で解決できない問題に直面させられることは決してありません…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

良心の声が正しい道を指示しております

地上でも霊界でも、ある決断を迫られる事態に直面した時、正常な人間であれば “良心” が進むべき道について適確な指示を与える、というのが私たち霊の考えです。 神によって植えつけられた霊性の一部である良心が、瞬間的に前面に出て進むべきコースを指示します。 問題は、その指示が出た後から、それとは別の側面が出しゃばりはじめることです。 偏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

取り越し苦労性の人は霊的に未熟

一 あからさまに言えば、取り越し苦労性の人は霊的に未熟ということでしょうか? 「その通りです。 真理を悟った人間は、決して取り越し苦労はしません。 なぜなら人生には、神の計画が行き渡っていることを知っているからです。 真面目で、正直で、慈悲心に富み、とても無欲の人でありながら、人生の意義と目的を悟るほどの霊的資質を身につけていな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more