テーマ:動物

動物に残酷なことをして育った場合

一 子供の頃から動物に残酷なことをして育った場合、霊界でどんな扱いを受けるのですか? 動物の世話でもさせられるのですか? 「人間の長い歴史を通じて、動物がどれほど人間の役に立ってきたかを教えることで、地上時代の間違った考えを改めさせないといけません。 霊界にある動物界をあちらこちらと案内し、本来動物が本当に動物を愛し理解する人間と接…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全生命は共に進みます

一 弱肉強食の自然界を創った神が、どうして全てを愛する神なのでしょうか? 「限りある知恵で、無限の叡智を理解することは出来ません。 宇宙規模の問題を肉眼を通して覗いても、つまり限られた知性で理解しようとしても、解決は得られません。 全体のごく限られた一部しか見えないからです。 確かに自然界には弱肉強食の一面があり、腹がすけば互い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生命は一つです

地上で自由を受け取るのは人間だけではありません。 全ての創造物が自由を受け取る資格があり、本来守ってやるべき立場の人間によって勝手に捕えられ苦しめられ利用されて良いものはありません。 その代償は必ず支払わされます。 因果律は必ず働きます。 人間に生命を授け、地上での存在を可能にしている神をごまかすことは出来ません。 全生命は不…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大自然を搾取してはいけません

庭を持っている人は知っているでしょうが、自然法則を大切にすれば立派な庭になり、法則を無視すれば台無しになります。 人間同士だけでなく、動物に対しても情愛を向けないといけません。 他の人間を搾取してはいけません。 動物を搾取してはいけません。 大自然を搾取してはいけません。 そういう心掛けで生きれば、人間だけでなく地上に生きてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上の者が下の者を手助けするのが当たり前

悲しいかな、霊的発達が未熟なために人間は自分を生かしている霊力が、地球を共有している他の全ての生命体を生かしている霊力と同じであることに、理解がいかないのです。 動物も人間と同じく、物的身体を備えた霊であることが理解できないのです。 私たちは万物の霊長であると信じるからこそ、動物に対する責任があるはずなのに、人間はそこが理解できない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

善は必ず悪を征服します

「虐待、残忍、苦痛、無益な流血への挑戦を続けて下さい。 その価値ある闘争で、あなたの役割を存分に果たして下さい。 最後は必ず善意が愚行に打ち勝ちます。」 一 どうもこれまでは残虐行為をしている側の方が勝っているように思えるのは不幸なことです。 「光が闇を征服するように、善は必ず悪を征服します。 闇の力は光には勝てませんし、悪の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

偶然に存在するものは一つもありません

全ての種に地上と霊界で果たす役割があります。 何の原因もなしに、つまり偶然に存在するものは一つもありません。 神の完全なる構想によって、あらゆる創造物、あらゆる生命がそれなりの貢献をするようになっているのです。 用もない種が地上に発生したために、絶滅させなければならなくなったということは、絶対にありません。 人間が地上で最大の破…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無意味な殺生はやめなくてはなりません

自然界の生命は全てが複雑にからみ合っていて、人間の責任は、人間同士を超えて草原の動物や空の小鳥にまで及んでいます。 抵抗する術(すべ)を知らない、か弱い存在に苦痛を与えることは、是非とも阻止しなくてはなりません。 装飾品にするために動物を殺すことを、神は許しません。 あらゆる残虐行為、とりわけ無意味な殺生は絶対にやめなくてはなりま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

動物の方が飼い主よりも超能力を発揮している

一 たとえば家で飼われている猫は、人間には見えない霊の存在に気づいているのでしょうか? 「もちろん気づいています。 人間に見えなくなったのは、あなた方人間の文明 一 時に、そう呼ぶのはふさわしくないことがありますが 一 それが人間生活を大自然から遠ざけたことに原因があります。 つまり大自然がもたらしてくれる能力と力から、人間が絶縁…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

動物にも埋め合わせがあります

一 人間が動物に対して間違いを犯せば、その天罰は動物ではなく人間の頭上に降りかかるべきだと考えます。 「埋め合わせと懲罰の法則というのがあります。 あなたが行う良いこと悪いことの全てが、自動的にあなたに霊的な影響を及ぼします。 大自然の因果律は絶対に免れません。 埋め合わせと懲罰の法則は、その大自然の中核をなすものです。 罪も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

共存共栄こそが法則なのです

共存共栄こそが法則なのです。 人間がその責任を自覚すれば、哀れみと慈悲の心が生まれて来るはずです。 他の生命を略奪しておいて、その結果として自分に及ぶ苦しみから逃れられるものではありません。 略奪行為は略奪者自身にとって危険なことなのです。 残虐行為はそれを行う人間にとって罪なことなのです。 愛を発揮すれば、それだけ自分が得を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

動物実験は間違っている

動物実験によって何一つ役立つものが得られないというわけではありません。 が、その手段は間違っていると言っているのです。 何の罪もない動物に残酷な仕打ちをすることは、霊的なこと全てに反するからです。 人間は自分のすることに責任を取らされます。 動機は正しいと言えるケースも沢山ありますし、それはそれとして霊的発達に影響を及ぼします。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

他の生命に害悪を及ぼすと責任を取らされる

一 動物に投与している抗生物質などの薬品類が、めぐりめぐって人間の体内へ入ってきている事実をどう思われますか? 「それは、他の生命に害悪を及ぼすと必ずそれに対して責任を取らされるという、大自然の永遠のサイクルの一環です。 他の生命に残酷な仕打ちをしておいて、それが生み出す結果を逃れることは許されません。 貪欲以外に何の理由づけもな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

霊界にも広い広い動物の王国がある

霊界にも広い広い動物の王国があることをご存知ですか。 そこでは動物界のあらゆる種類が 一 動物も小鳥も 一 襲ったり恐がったりすることなく、一緒に暮らしております。 ライオンが小羊と並んで寝そべっても、ケンカもせず餌食(えじき)になることもありません。 美しい花園もたくさんあります。 そこに咲いている花々は、それぞれの種類に似合…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

動物を実験台にすることは間違いです

一 動物の生体解剖は動機が正しければ許されますか? 「許されません。 残酷な行為が、どうして正当化されますか。 苦痛を与え、悶え苦しませて、何が正義ですか。 それは私たち霊の教えと全く相いれません。 無抵抗の動物を実験台にすることは間違いです。」 一 動物を実験材料とした研究からは、たとえばガンの治療法は発見できないという考…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

知識は何一つ無駄にはされません

「霊界の動物界で世話をしている人は、どんな人たちだと思いますか。 動物が大好きなのに飼うチャンスがなかった人たちです。 それはちょうど子供が出来なくて母性本能が満たされなかった女性が、両親に先立って霊界へ来た子供の世話をするのと一緒です。 犬とか猫、その他、人間が可愛がっている動物が飼い主に先立って霊界へ来ると、動物が大好きであり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

霊界の動物界

一 霊界の動物界には、どんな種類の動物がいるのでしょうか? 「地上で可愛がられている動物、親しまれている動物、大切にされている動物、人間とほとんど同等に扱われて知性や思考力を刺激された動物の全てがおります。 そうした動物は、飼い主の手から離れたことで、寂しがったり迷ったりするといけないので、動物界に連れて来られて、他の動物と一緒に暮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

動物は人間が保護し世話すべきもの

一 動物実験は正しいことでしょうか? 間違ったことでしょうか? これによって人類の益になるものが得られるのでしょうか? 「私はかねがね動物を使っての実験の全てに反対しております。 そこに何一つ正当化すべきものは見出せません。 動物はあなた方人間が保護し、世話すべきものとして地上に存在しているのです。 その成長と進化を促進する責任…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

動物に残酷なことをして育った場合

一 子供の頃から、動物に対して残酷なことをして育った場合は、霊界でどんな取り扱いを受けるのでしょうか? 動物の世話でもさせられるのでしょうか? 「人間の長い歴史を通じて、動物がいかに人間にとって役立ってきたかを教えることによって、地上時代の間違った考えを改めさせないといけません。 霊界の動物界をあちらこちらと案内して、本来動物という…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全生命は進む時は共に進みます

一 弱肉強食の自然界を作った創造主が、どうして全てを愛する神であり得るのでしょうか? 「限りある知恵では、無限の叡智は理解できません。 宇宙規模の問題を肉眼だけを通して覗いてみても、つまり限られた知性で理解しようとしても解決は得られません。 全体のごく限られた一部しか見えないからです。 確かに自然界には弱肉強食の一面があり、腹が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大自然を搾取してはいけません

庭をお持ちの方はご存知でしょうが、自然の法則を大切にすれば立派な庭になり、法則を無視すれば台無しになります。 人間同士だけでなく、動物に対しても情愛を向けないといけません。 他の人間を搾取してはいけません。 動物を搾取してはいけません。 大自然を搾取してはいけません。 そういう心掛けで生きれば、人間だけでなく地上に生きている全…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上の者が下の者を手助けするのが当たり前

悲しいかな、霊的発達の未熟さ故に人間は、自分を生かしている霊力が、地球を共有している他の全ての生命体を生かしている霊力と同じであることに、理解がいかないのです。 動物も人間と同じく、物的身体を備えた霊魂であることが理解できないのです。 我こそは万物の霊長であると信じているのであれば、それ故にこそ動物に対する責務があるはずなのに、人間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人間が破壊的動物であってはならない

全ての“種”に、地上界と霊界とで果たすべき役割があります。 何の原因もなしに、つまり偶然に存在するものは一つもありません。 神の完全なる構想によって、あらゆる創造物、あらゆる生命が、それなりの貢献をするようになっているのです。 用もない種が地上に発生したために、絶滅させなければならなくなったなどということは、絶対にありません。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無意味な殺生は止めなくてはなりません

自然界の生命は全てが複雑に絡み合っており、人間の責任は、人間同士を超えて草原の動物や空の小鳥にまで及んでいます。 抵抗する術(すべ)を知らない、か弱い存在に苦痛を与えることは、是非とも阻止しなくてはなりません。 装飾品にするために動物を殺すことを、神は許しません。 あらゆる残虐行為、とりわけ無意味な殺生は絶対に止めなくてはなりませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大自然の永遠のサイクルの一環

一 動物に投与している抗生物質などの薬品類が、めぐりめぐって人間の体内へ入ってきている事実をどう思われますか? 「それは他の生命に害悪を及ぼすと、必ずそれに対して責任を取らされるという、大自然の永遠のサイクルの一環です。 他の生命に残酷な仕打ちをしておいて、それが生み出す結果を逃れることは許されません。 貪欲以外に何の理由づけもな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人間が愛を発揮するほど動物も愛を発揮する

「人間に可愛がられた動物は、霊界でずっと待っていて、その人が他界してきた時に出迎えます。 永遠に消滅することのない個的意識を与えてくれた人ですから、必要な限りずっと待っています。」 一 全ての動物は人間との縁を通じて、個的意識を獲得するように意図されているのでしょうか? 「そうです。 人間が動物に対する愛を発揮すればするほど、動…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

霊界にも動物の王国がある

霊界にも広い広い動物の王国があることをご存知ですか。 そこでは動物界のあらゆる種類が 一 動物も小鳥も 一 襲ったり、恐がったりすることなく一緒に暮らしております。 ライオンが小羊と並んで寝そべっても、ケンカもせず、えじきになることもありません。 美しい花園もたくさんあります。 そこに咲いている花々は、それぞれの種類に似合った色…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

動物は人間が保護し世話すべきもの

一 動物実験は正しいことでしょうか? 間違ったことでしょうか? これによって人類の益になるものが得られるのでしょうか? 「私はかねがね、動物を使っての実験の全てに反対しております。 そこに何一つ正当化すべきものは見出せません。 動物はあなた方人間が、保護し世話すべきものとして地上に存在しているのです。 その成長と進化を促進する責…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

動物に対して残酷なことをして育った場合

一 子供の頃から動物に対して残酷なことをして育った場合は、霊界でどんな取り扱いを受けるのでしょうか? 動物の世話でもさせられるのでしょうか? 「人間の長い歴史を通じて、動物がいかに人間にとって役立ってきたかを教えることによって、地上時代の間違った考えを改めさせないといけません。 霊界にある動物界をあちらこちらと案内して、本来動物とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全生命は不可分のものです

地上で自由を享受するのは人間だけではありません。 創造物の全てが自由を享受する資格があるのであり、本来守ってやるべき立場にある人間によって、勝手に捕えられ苦しめられ利用されて良いものは何一つありません。 その代償は必ず支払わされます。 因果律は必ず働きます。 人間に生命を賦与し地上での存在を可能にしている神性を、ごまかすことは出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more