地上のものは何一つ所有できない

聖書には “地球とそこにあるものは全て主のものなり” とあります。

これは、人間は地上のものは何一つ所有できない 一 自分のものには出来ないことを言っています。

地上にいる間だけ、借りて持っているようなものです。

永遠に自分のものではありません。

地上のゴタゴタは、皆が一番いいと思うものを、多く自分のものにしようとする 一 一番悪いものを欲しがる人はいません 一 そこから起きています。

その結果として、強欲、貪欲、私利私欲が王座に祭り上げられ、物欲第一主義が新しい神として崇拝されるようになりました。

地上には物欲優先の副産物が、見るも痛ましいほどはびこっています。

悲劇、卑劣、飢餓、栄養失調、残虐行為、動物実験、こうしたものは全て、物欲を優先させることから生まれる、恐ろしい産物です。

みんなで分け合うという考えは、良いことです。
画像

この記事へのトラックバック