残念でならないのは大量の動物が殺害されること

地上のクリスマスシーズンにも、愛が見られないわけではありません。

それが親切と寛容と施しとなって表現されています。

旧交を温め、縁を確認しあい、離ればなれになった人たちが一堂に会するということの中にも、愛が見られます。

また、過去の恨みは忘れようという決意をさせることにもなります。

しかし残念でならないのは、それに先立って大量の動物が殺害されることです。

物言わぬ神の子が、無益な犠牲になっていることです。

平和を説いたキリストの誕生が、そうした恐ろしい虐殺によって祝われるというのは、何と悲しいことでしょう。

なぜ平和を祝うために、罪もない動物の血が流されねばならないのでしょう。

これはまさに地上世界のはりつけです。

罪なき動物に流血の犠牲を強いて平和を祝うとは……。

いつの日か、愛と哀れみと慈悲と責任が人間を動かし、助けを求める動物たちへの態度を改めることになるでしょう。

そうした資質が発揮された時、罪もない動物への容赦ない流血と残酷と無益な実験も行われなくなるでしょう。

地上に本当の平和が訪れ、狼が小羊と並んで寝そべることになるでしょう。
画像

この記事へのトラックバック