病気になる二つの理由

霊能者でも自然法則から逃れることは出来ません。 法則は全ての存在を含み、例外も逸脱もありません。 病気になる二つの理由があります。 一つは魂と精神と体の調和が崩れることです。 調和していれば健康が維持されます。 もう一つはカルマです。 地上でしか償えない前世での出来事があり、それがまだ解消されていないのです。 理想的な世の…
トラックバック:0

続きを読むread more

憎しみを愛に変えることも出来ます

もしも人生が一本調子だったら、もしも光だけで闇がなかったら、もしも楽しいことばかりで苦しいことがなかったら、食べるものに事欠かず空腹を知らなかったら、その光も、楽しいことも、食べられることの有難さも分からないはずです。 その両極の原理によって、人生の目的と可能性が理解できるのです。 愛と憎しみは正反対であると同時に等しいものです。 …
トラックバック:0

続きを読むread more

光ばかりなら光の有難さは分かりません

あなた方の誰よりも長い人生を生きてきた、私たち霊は今なお、全存在を含む宇宙の法則を考え出した、神の無限なる叡智に感動させられます。 平穏の有難さが分かるのは、嵐の中です。 晴天の気持ち良さが分かるのは、雨の日があるからです。 このように全て両極の原理で成り立っています。 もしも全体が光ばかりなら、光の有難さは分かりません。 そ…
トラックバック:0

続きを読むread more

地上は今とても病んでいます

地上は今とても病んでいます。 あまりに多くの人が、調和の乱れた生き方によるストレスと不自然さで病気になっています。 自ら “文明” と呼んで誇っているものが実は、本来ならエネルギーを与えてくれる大自然から、人間を絶縁させているのです。 そのために人間のバッテリーである魂が枯れ、霊の力で再充電しなくてはいけないのです。 それが功を…
トラックバック:0

続きを読むread more

静寂の時を持つように心掛けて下さい

何事も自然が大切です。 気負わず、受け身的になり、迷ったり不安に思ったりせず信念を持つことです。 ここまで導いてくれた霊の力は、これから先も裏切ることはありません。 あなたをしっかりと保護している愛の腕がほどかれて、あなたを放り出すようなことはしません。 あなたなりに自然に振舞って下さい。 そうすれば、霊は霊としての役目を果た…
トラックバック:0

続きを読むread more

霊的な富は永遠です

霊に協力する人は、楽な人生を期待してはいけません。 霊的使命を帯びた活動に携わる人は、楽な道でないことを覚悟しなくてはいけません。 もしも楽な道なら、無理してその道に踏み入る価値はないでしょう。 霊的な褒賞は、大変な努力や苦労の末に手に入れなくてはなりません。 しかし一度手にしたら、絶対に失いません。 霊的な富は永遠です。 …
トラックバック:0

続きを読むread more

バラ色の人生ではダメなのです

大半の人間の魂は居眠りをしています。 活動していないのです。 内部に宿る神性の火花をあおらないと、魂を啓発できないのです。 その点火のきっかけになるのが、危機的体験であり、悲しみ、別離、病気です。 スペクトルの両極、コインの両面、人間が “善” と呼ぶものと “悪” と呼ぶもののように、人生は相対性の原理で出来ています。 どん…
トラックバック:0

続きを読むread more

神の力と調和していく

あなたの行動は、人の役に立つから尊いのです。 さらに大きな徳積みのために、もっと大きな力、もっと多くの叡智を求めて神に祈りなさい。 そしてまた、協力している私たち霊の姿が見えなくても、声が聞こえなくても、私たちはこれからもあなたを守り、導き、元気づけ、支援していくことを信じて下さい。 このようにお互いの協力によって、全ての人間に生…
トラックバック:0

続きを読むread more

愛と憎しみは同じコインの表と裏

地上は、死後に始まる霊界生活にとって不可欠の準備をするところです。 一つ一つの体験が、進化するために支払う代価です。 地上人生は一本調子ではありません。 光があれば影があり、晴れの日があれば嵐の日がなければなりません。 対照になるものがあるから、人生の意味が理解できるのです。 作用と反作用は、正反対であると同時に等しいと言われ…
トラックバック:0

続きを読むread more

人間はみんな霊媒です

「光を見出すのは暗闇の中です。 人生は全て両極性です。 苦しみがなければ、魂は実力を発揮するチャンスがありません。 苦しみが、そのきっかけになるのです。 霊的に向上し、霊的資質をより多くそなえ、喜んで人の犠牲になる、その手段として用意されるのです。」 一 霊媒は、霊媒としての素質を持って生まれるしかないのですか? つまり素質が…
トラックバック:0

続きを読むread more