言動の一つ一つについて責任を問われる

現代の地上には、義務教育を行う国がたくさんあります。

子供たちは一つの目的、つまり学校を出た後、社会生活に適応できる教育を受けるために、学校に通います。

それを正しく学んだ子は、大人になって必ず直面する問題を、ある程度の理解をもって迎えることが出来ます。

きちんと学ばなかった子は、卒業後の人生に備えが出来ていません。

あなたの地上人生は、魂の学校と思えばよろしい。

本当の自分である魂が、霊界生活に備えるために地上で学ぶのです。

しかし実際は、あまりに多くの人が何の備えもなく霊界に来ます。

そのため、霊界で改めて教育しなければなりません。

地上でも、学校に行かなかった大人に、基本から教え直すのは難しいものですが、霊界に来た人に基本的な霊的教育をするのは、それより遥かに困難です。

死後にも人生があり、そこでは地上人生の言動の一つ一つについて責任を問われます。

そのことを知れば、それからの人生観は一変するに違いありません。

いえ、一変すべきです。
画像

この記事へのトラックバック