苦しい道こそ有難い

人生には何事も二面性があります。

光があれば闇があります。

安らぎがあれば苦労があります。

もしも晴天の日ばかりなら、晴天の有難さは分からないでしょう。

時には嫌な体験を通して、あることを学ばされます。

いつかあなた方も霊界に来て、地上人生を振り返った時、きっとこう思うでしょう。

“一番大切な教訓を学んだのは、楽だった時ではなく、嵐が吹きまくり雷鳴がとどろき稲妻が走り太陽が雲に遮られて、全てが暗く絶望的だった時だ” と。

魂が内部に宿る可能性を発揮するのは、逆境の時です。

のんきな人生では、魂は磨かれません。

苦しい道こそ有難いのです。
画像

この記事へのトラックバック