人生を勝手に終わらせる権利は誰にもありません

一 自殺した人は、死後どのような状態に置かれるのですか?

「それは一概には言えません。

それまで送ってきた地上人生によって違うからです。

開発された霊的資質によって違います。

魂の発達レベルによって違います。

そして何より、自殺の動機によって違います。

キリスト教では自殺を全て、一つのカテゴリーに入れて罪であるとしていますが、そうではありません。

地上人生を自分で勝手に終わらせる権利は誰にもありません。

が、自殺に至る事情には、酌量すべき要素や環境条件が色々あります。」

一 いずれにしても、自殺が役に立たないことは間違いないでしょう。

「もちろんです。

絶対に役に立ちません。

地上人生を勝手に終わらせることが、魂にプラスになることは絶対にありません。

が、だからといって、自殺した人がみんな暗黒界の暗闇の中に、永遠に閉じ込められるわけでもありません。」
画像

この記事へのトラックバック