病気の大半は精神と魂から起きています

病気や不快や異状の原因は、調和の欠如です。

健康とは全体が調和していることです。

肉体と精神と魂の間に、正しいリズムとバランスが取れていることです。

この三つの関係がうまくいっていない時、生命力の流れが阻害されている時に病的症状が出るのです。

霊力が流れず、本来の機能を果たしていないからです。

人間の病気はサイコソマティック(心身相関医学)つまり精神と魂に原因があり、それが肉体に表れています。

心配ばかりしていると胃潰瘍になります。

が、潰瘍部分を切除すれば心配しなくなるわけではありません。

ですから、心配しないような生き方を教えないといけません。

病気の大半は、精神と魂から起きています。

人身事故でさえ、精神的な原因や霊的な原因から起きていることがあります。

これはあなた方人間には、理解しがたいと思います。
画像

この記事へのトラックバック