知識を得るにふさわしい人間

あなたにはこれから先、嬉しいことがたくさん用意されています。

嫌なことがないという意味ではありません。

難問は常に降りかかります。

逆境にも遭遇します。

あなたは完成された世界の完成された存在ではないからです。

あなた自身が不完全であり、世の中も不完全です。

しかし、あなたには自由意志が与えられています。

世の中の不完全とあなたの不完全を取り除くチャンスが用意されています。

そこにあなたの義務があります。

どんな知識にも、それをどう使うかという責任が伴います。

それはあなたへの信頼です。

その信頼を裏切ってはいけません。

あなたが、その知識を得るにふさわしい人間であったことを、日常の中で示さなくてはいけません。

同時に、これから先あなたに受け入れる用意が出来た時に与えられる、次のレベルの知識に対して十分に資格があることも示さなくてはいけません。
画像

この記事へのトラックバック