自分の人生は自分の責任

人間の限られた能力では、一つ一つの出来事の意味が分かりません。

ですから分からないところは、それまでに得た知識を土台にして、信じることで補うしかありません。

しかし、そこから先は一人一人の自由意志の問題です。

自分の人生は自分の責任であり、他の誰の責任でもありません。

他人の人生は、たとえ肉親でも代わりに生きることは出来ません。

その人がしたことはその人の責任であって、あなたの責任ではありません。

もしそうでなかったら、神の判断基準は地上の人間よりお粗末になります。

自分が努力した分だけを霊的な報酬として受け、怠った分だけを霊的な代償として支払わされます。

それが法則であり、その働きは完璧です。

こうした活動を通じて、私たち霊があなた方人間に伝えなければならないことは、私たちは取るに足らない存在であることです。

どの霊もみな、神の使者に過ぎません。
画像

この記事へのトラックバック