祈りには目的があります

祈る気になれないのに無理して祈っても、意味のない言葉の羅列を機械的に繰り返すだけですから、祈らない方がいいのです。

祈りには目的があります。

魂の開発を促進するという霊的な目的です。

ただし、だからといって祈りが、人間的努力の代用、俗世からの逃避の手段とはなりません。

祈りは、魂の願望を高め、決意を強くするための刺激です。

これから訪れる、様々な闘いに打ち勝つために守りを固める手段です。
画像

この記事へのトラックバック