祈りとは高いエネルギーに波長を合わせる手段

本当の祈りは、利己的な要求をすることではありません。

私たちの心の中の思念を、神はすでに知っています。

要求は口に出される前に、すでに知れているのです。

なのに、なぜ祈るのか。

それは祈りとは、私たちのまわりに存在する、より高いエネルギーに波長を合わせる手段だからです。

それによって、ほんの少しの間でも活動を休止し、精神と魂を普段より受容性に富んだ状態にするのです。

わずかな時間でも心を静かにしていると、その間に、より高いエネルギーを受け入れることが出来ます。

こうして、私たちに本当に必要なものが与えられる通路を用意したことになります。

利己的な祈りは、時間と言葉と精神的エネルギーの無駄遣いです。

それらには何の効力もないからです。

何の結果も生み出しません。

が、自分をより一層役立てたいという真剣な願いから、自分の欠点、弱点、限界を見つめるための祈りなら、その時の高められた波長を通して、力と励ましと決意が与えられます。

祈りが本来の効用を発揮したことになります。
画像

この記事へのトラックバック