本当の自分に忠実であること

世間でいう成功者になるかどうかは、どうでもよいことです。

この世的な成功によって手に入れたものは、そのうちあっさりと価値を失います。

大切なのは、自分の魂の最高のものに対して誠実であること、真実であると信じるものに目をつむることなく、本当の自分に忠実であること、良心の命令に素直に従えることです。

それさえ出来れば、世間がどう見ようと、自分なりの最善を尽くしたという信念が湧いてきます。

そして、いよいよ地上に別れを告げる時、死後に待ち受ける生活への備えが、十分に出来ているという自信をもって、平然と死を迎えることが出来ます。
画像

この記事へのトラックバック