祈りの効果を決めるのは祈る人の魂

一 大主教による仰々しい祈りより、素朴な人間の素朴な祈りの方が、効果があるのですか?

「地位には関係ありません。

肝心なのは、祈る人の魂です。

大主教の魂が高ければ、その祈りには霊力が宿っています。

が、どんなに立派な僧衣をまとっていても、スジの通らない教義に凝り固まった人なら、何の効果もないでしょう。

もう一ついけないのは、集団で行う紋切り型の祈りです。

案外効果は少ないものです。

神は、肩書きや数ではごまかされません。

祈りの効果を決めるのは、祈る人の魂です。

祈りとは本来、自分の波長を普段以上に高めるための霊的な行為です。

波長を高め、人のために役立ちたいと祈ることは、効果を生みます。

あなたが抱える問題を、神はすでに知っています。

神は神であるために、宇宙間の出来事の全てを知っています。

神とは、大自然の法則の背後の叡智です。

その法則をごまかすことは出来ません。

神をごまかすことは出来ません。

あなた自身さえ、ごまかすことは出来ません。」
画像

この記事へのトラックバック