内部に神性を宿していることは永遠に変わりません

自分の荷は、自分で背負う義務があります。

日々の行動によって、魂を高めることも傷つけることもあります。

内部に神性を宿していることは、今も、そしてこれからも永遠に変わりません。

変わるのは程度の差です。

本質は変わりません。

向上進化とは、その潜在的神性をより多く表すプロセスです。

どんな教義も信条も、間違った行動がもたらす結果をねじ曲げることは出来ません。

私たち霊が説く神は、永遠不変の法則によって宇宙を支配しています。

そしてその法則の働きがあるから、地上の人間は地上で送る人生によって、自らを裁くようになっています。
画像

この記事へのトラックバック