精神と肉体と魂の不調和

無数の人間が、獣性をむき出しにしています。

そうした事態に、どう対処すべきか。

それには二つの方法があります。

どちらも、地上で敬って読まれている本に、はっきりと書かれています。

古い方は “目には目を歯には歯を” と説き、新しい方は “自分を愛するように隣人を愛しなさい” と説いています。

どちらが良いかは分かり切ったことです。

前者の方法を取れば、解決は得られません。

緩和剤、一時しのぎの荒治療にはなっても、邪悪を根本から無くしたことにはなりません。

後者の方法を取るべきです。

そして、そうした邪悪が、精神と肉体と魂の不調和から生まれていることを知り、それを矯正するための適切な手段を講ずれば、彼らもまともな市民になるでしょう。

私たち霊は、この方法をお勧めします。
画像


この記事へのトラックバック