完全なバランスが取れていなければなりません

人間は地上人生中に、身体機能と霊的機能を存分に発揮するように意図されています。

霊的なことばかりこだわって、身体を持った人間としての義務を怠ることは、身体上のことばかりこだわって、霊的存在としての義務を怠るのと同じく、間違っています。

両方が完全なバランスが取れていなければなりません。

その状態で、この世にありながら俗世に染まらない生き方が出来ます。

つまり身体は魂の家として大事にし、管理し手入れをする。

すると、魂が身体を通して、成長と進化が出来るのです。
画像

この記事へのトラックバック