良い行いをすれば幸せを味わいます

因果律、つまりタネ蒔きと刈り取りの法則は、絶対に狂いません。

良い行いをすれば、それだけ幸せを味わいます。

利己的な行いをすれば、それだけ苦い思いをさせられます。

法則はあざむけません。

死の床でいくら懺悔の言葉を言っても、すでに始動している因果律の働きは止められません。

こうした真理を理解する人が増えるにつれて、戦争が減り、平和な地域が広がります。

これは一朝一夕に出来ることではありません。

私たち霊には、以上のようなことしか言えません。

自分の役目を果たすのです。

自分なりの最善を尽くすのです。

縁あって近づく人の力になってあげるのです。

親切と寛容と慈悲の心で接するのです。

機会さえあれば、どこででも人のために役立つことを心掛けることです。

それが世の中に貢献する方法です。
画像

この記事へのトラックバック