与えられた真理に忠誠を

「神は、キリスト教で説かれているような三位一体ではありません。

神は全てです。

どこにでも存在します。

宇宙の全生命を包んでいます。

もしも神とは三つの部分に分けられるものと信じているなら、その信仰は間違いです。

それに、そう信じたからといって一体どうなるのでしょう。

神とは一にして三、三にして一であると信じたら、何か霊的に救われるのでしょうか。」

一 (牧師)私には何のことだか、わけが分かりませんでした。

「私たち霊にも分かりません。

あなたはあなたに与えられた真理に忠誠を尽くしなさい。

信じられるはずもないものを信じようとするのは、あなたの知性の信用に関わります。

また、あなたの魂の成長にとってもプラスになりません。」
画像

この記事へのトラックバック