自然との調和こそ理想とすべきです

地上の難題や不幸や悲劇の多くが、人間の愚かさと自惚れによって引き起こされていることは、残念ながら真実です。

慈しみの心が大切です。

寛容の心を持たなくてはいけません。

自然破壊ではなく、自然との調和こそ理想とすべきです。

人間が争いを起こす時、その相手が人間同士であっても、動物であっても、結局は人間の進化を遅らせることになるのです。

人間が動物を敵にまわしているうちは、自然界に平和は訪れません。

平和は友好と調和と協力の中で生まれます。

それなくしては、地上は苦痛の癒える時がなく、人間が無用の干渉を続ける限り、災害はなくなりません。

人間には神の創造の原理が宿っています。

だからこそ、人間が大自然と一体になった生き方をすれば、地上に平和が訪れ、神の国が実現する基礎が出来るのです。

残酷は残酷を呼び、争いは争いを生みます。

が、愛は愛を呼び、慈しみは慈しみを生みます。

人間が憎しみと破壊の生き方をすれば、人間みずからが破滅の道をたどることになります。
画像

この記事へのトラックバック