我欲を愛他主義に置きかえないといけません

肉体が滅びるのは、物質で出来ているからであり、スピリットが撤退するからです。

老いも若きも地上の人間の全てが学ばねばならない大切な教訓は、スピリットこそ全生命活動の基盤だということです。

地上でのより大きな安らぎ、より一層の向上のカギを握るのは、霊的原理をどう応用するかです。

つまり、慈悲、慈愛、寛容心、協力、奉仕といった霊的能力を少しでも多く発揮することです。

人間世界の不幸の原因は、物質万能主義、つまり欲望と利己主義が支配していることにあります。

我欲を愛他主義に置きかえないといけません。

利己主義を自己犠牲に置きかえないといけません。

恵まれた人が恵まれない人を援助する社会にしないといけません。

それが究極的に、今より大きな平和、協力、思いやりを招く方法です。
画像

この記事へのトラックバック