休息は是非とも必要です

肉体は魂が自らを表現するための道具です。

存分に発揮したいと思うなら、十分な手入れをしなくてはいけません。

疲労が重なると、本来の機能が発揮できなくなります。

そこで神はその無限の叡智によって、肉体を休息させ、活力を取り戻すための睡眠を用意したのです。

地上の四季の移り変わりを見て下さい。

秋になると大自然は冬の眠りの準備をし、春になると再び目覚め、夏にその景色を披露します。

人体も同じです。

休息によって、元気を回復しなければなりません。

休息は是非とも必要です。
画像

この記事へのトラックバック